2016年01月10日

東京外国語大学言語モジュール

英語学習に役立ちそうな無料英語学習サイトを見つけたので紹介します。

東京外国語大学言語モジュール。
http://www.coelang.tufs.ac.jp/mt/

スマートフォン版はこちら
http://www.coelang.tufs.ac.jp/m/

スクリーンショット 2016-01-10 9.30.59.png

英語だけじゃなく、いろんな言語を学べるのですが、英語の場合はアメリカ英語だけではなく、イギリス英語、オーストラリア英語、カナダ英語、ニュージーランド英語、シンガポール英語など学べます。

PCで、会話モジュール(アメリカ英語)を学習してみたのですが、1レッスンの長さも短く勉強しやすいです。日本語で意味を確認できるし、また会話中の特定文章を繰り返すことも可能です。会話のスピードもなかなか速くて面白いです。

40レッスンなので、サクっと終わるので気分転換に良かったです。
おすすめです。

他の人気サイトはこちら

posted by 管理人(engtext777@gmail.com ) at 09:36 | Comment(0) | また英語学習始めました編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

モゴモゴバスター

昨年の10月頃から、復習期間ということで、これまで学習した本の復習と海外ドラマを見ながら学習していましたが、年末に面白そうな教材を発見したのでどうしても欲しくなり購入してしまいました。

その名は「モゴモゴバスター」!!!中上級者向けのリスニング教材です。
http://www.mogomogobuster.com

アメリカ英語の省エネ発音(リエゾンやリダクション)を体系的に学べる教材です。「Want to ⇒ ワナ、going to ⇒ ガナ」というところから、「Does he⇒ツイー、Did she⇒dチー」と発音されるなどなど。

HPに無料サンプルレッスンがあるので、どんなものか確認できます。

HP以外でも下記のサイトでサンプルが見れます。
http://ryugaku.ablogg.jp/644/

書籍と比較すると少し高いと思いましたが、講習会に行ったと思えば安いかなと考え購入を決心しました。これまでもリエゾンなどリスニングの学習はしてきましたが、この教材で学ぶことが多く満足しています。ちなみにTOEICレベルの簡単な教材ではないです。学習量も多いこともあり、年末、正月と夢中になって学習していますがなかなか終わらず大変です。少しづつ定着してきた感じはありますが。まだまだ繰り返す必要がありそうです。

しかしこれまで学習できなかったことが身についてきている感覚があります。例えばこれまでリスニング学習中に「Does he⇒ツイー」という発音が出てきても、これが偶然そのように発音したのか、このように発音されることが多くあるのか自分では判断するのが難しいので、音の変化を体系的にまとめてあるこの教材は非常に有効だと感じています。

これをしっかり学習しても、ドラマが完全に聞き取れるようになるとは思いませんが、非常に良いトレーニングになるなと実感しているので、しっかり繰り返そうと思っています。

他の人気サイトはこちら

posted by 管理人(engtext777@gmail.com ) at 09:34 | Comment(0) | また英語学習始めました編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

面白い番組『BBC - Would I Lie to You?』

英語学習のために役立つものはないかなとネットで探っていたら、YouTubeで『Would I Lie to You?』というBBCの番組を知った。英国のテレビ番組で、3人ずつ2チームに分かれて、それぞれの出演者の話が本当か、嘘かを当てるクイズ番組。

話し方もハッキリしていて、スピードも速くなくて理解しやすいし、なにより出演者の話が面白いから、何度見ても笑えるところがいい。現在、Season9まであるから量も多くあるのも良い。

残念な点はYouTubeでは字幕が表示されないこと。英語学習者にとって、単語を確認したり、聞き取れない部分を確認するために字幕は必須なので、字幕はこのサイトにあるものを利用することにした。

いやー、本当に面白いんだわ。例えば、「自分はペンが好きで、どこに自分のペンがあるか気になる。そのようなわけで、3つのペンのポリシーを持っている。」の話なんか笑った。さあ本当でしょうか、嘘でしょうか。



[Rob]Uh, David.

[David]I like pens.

[Lee]I know this! It's true.

[David]I like pens. And I... And I like to know where my pens are. For this reason, I have a three point pen policy.

[Lee]What's your three point pen policy?

[David]Er, well, point one, I find it important to know where my pens are at any time. Um, for example...

[Lee]That...that covers all three, doesn't it?

[David]No, no, no, no. Point two.

[Lee]Yeah?

[David]Is to, um, is to be hyper-aware of any pen that I've lent out. And point three is to take any opportunity within the bounds of a reasonable interpretation of the law, to purloin or otherwise obtain pens.

[Miles]Name three people who have currently got pens of yours that you want back?

[David]There are no people who have pens of mine. A key part of point two is to get a pen back as soon as possible. When people say, "Oh, can I borrow you pen?", what I want to say is "Absolutely NOT, get your own pen, this is mine!" However, as part of a scheme I'm working on to try and seem, normal would be an exaggeration, but, you know, at least acceptable in broader society, I try not to say that, I try and seem casual about it, "Oh, yeah, borrow my pen, that's fine," and then I'm thinking about it constantly until it is returned.

[Lee]The pen that you've got with you, sorry, is that your own pen, or is that a BBC pen?

[David]This is now my pen.

[Lee]Pass me the pen.

[David]I'd rather not.

[Lee]But you have to! You have to pass me it. I will give it you back... I will promise to give you the pen back within five minutes.

[David]All right.

[Lee]I'll... Let's meet halfway. It'll be the first time we've made physical contact in five years. Right, put the pen on the floor and step away. Step away from the pen.

[David]You're going to destroy the pen, aren't you?

[Lee]I'm not going to destroy the pen, you've got such a cynical mind.

[David]He's going to destroy it.

[Lee]I'm not going to destroy the pen, that would be infantile. So this is a pen you got from the BBC today?

[David]Yeah.

[Lee]If I take this pen and say I'm keeping this pen, what will you do to get the pen back off me?

[David]I will not fight you.

[Rob]So what are you thinking, Lee?

[Lee]It didn't seem much of a system, did it? You ask me to have the pen back, I'm going to say no and he's going to leave it at that.

[Richard]I'm so sorry.

[Lee]It is fair to say we have created drama.

[Rob]You had explicitly reassured him, in front of witnesses, that you would not break the pen.

[David]I didn't believe him.

[Lee]That is correct, that is true.

[David]I didn't believe him. I knew he'd break the pen. That pen, I'm afraid to say, and I hope this doesn't make me sound heartless, when I put that pen down there, it was dead to me.

[Rob]Right, Lee, which way are you going? Is he telling the truth or a lie?

[Miles]I bet you love pens, I bet you're pretty crazy about pens but you do not have a three point system.

[Kate]I think he might.

[Rob]OK, Lee, take a guess, truth or lie?

[Lee]We'll say it's a lie.

[Rob]You say it's a lie. David Mitchell - the truth or a lie?

[David]It is in fact...true.

[Rob]Yes, it's true, David does have a three point pen policy, so he knows where they are. Oh, that noise...

マジで面白いw

他の人気サイトはこちら

posted by 管理人(engtext777@gmail.com ) at 09:27 | Comment(0) | また英語学習始めました編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。